地域
熊本県  市区町村を選択できます
最寄駅
熊本県  駅を選択できます
資格
資格を選択できます
対応業務
相続財産調査 
対応体制
対応体制を選択できます
253

見つかりました

    久保田行政書士事務所

    熊本県に対応可能

    アクセス鹿児島本線 大牟田駅から車で20分

    5

    1

    見積無料

    PR

    南関ICから車で8分!相続手続きを親切・丁寧にお助けします!

    相続手続きについて、30年のキャリアを活かして親切・丁寧・迅速に手続きを進めさせていただきます。遺言のご相談から、農地の承継、空き家の相続に関するお悩みも併せてご相談頂けます!宅建士やFP資格の資格を活かして、相続問題をトータルでご相談できます!初回相談は無料となっています。お気軽にご相談下さい!

    • 対応地域
      熊本県北部地域、福岡県南部地域、佐賀県(佐賀市近郊地域)
    • 対応業務
      遺言書 / 遺産分割 / 相続財産調査 / 家族信託 / 相続手続き / 銀行手続き / 戸籍収集 / 相続人調査
    • 対応体制
      電話相談可 / 訪問可 / 土日相談可 / 初回相談無料 / 18時以降相談可 / オンライン面談可 / 事務所面談可
    事務所の詳細を見る

    古閑公士行政書士事務所

    熊本県に対応可能

    アクセス熊本市電「水道町電停」より徒歩5分
    「通町筋電停」「花畑町電停」より徒歩6分

    見積無料

    PR

    水道町電停から徒歩5分!相続のお悩みを納得いただくまでお聴きします

    「相続」この言葉から何を連想されますか?

    面倒、億劫、争い、親戚、話し合い、調整、いろんな手続き・・何かと後ろ向きなことをイメージさせる方が多いようです。

    「相続」はすべての方が、いずれかの時機に向き合うことになるイベントでもあります。
    多くの方々が、それに受け身の状態で直面し、その時点から考えを巡らせていらっしゃるのもまた現実です。

    当事務所は、「相続」に対して、あらかじめ少しでも前向きに向き合い、お考えいただくことからサポートいたします。
    型にはまった「相続」はありません。それぞれの抱えるお悩みに耳を傾けることから始めています。

    行政書士 古閑公士(こがまさし)

    • 対応業務
      遺言書 / 遺産分割 / 相続財産調査 / 家族信託 / 相続手続き / 銀行手続き / 戸籍収集 / 相続人調査
    • 対応体制
      電話相談可 / 訪問可 / 土日相談可 / 初回相談無料 / 18時以降相談可 / オンライン面談可 / 事務所面談可
    事務所の詳細を見る

    小屋敷順子税理士事務所

    熊本県に対応可能

    熊本県熊本市帯山5丁目21-1

    事務所の詳細を見る

    上原行政書士事務所

    熊本県に対応可能

    熊本県菊池郡菊陽町大字久保田2825番地3

    事務所の詳細を見る

    司法書士・行政書士西本清隆事務所

    熊本県に対応可能

    アクセス県道58号線 白山交差点を北に350m
    熊本市電 味噌天神前駅から徒歩4分

    見積無料

    PR

    相談者の身近な相談相手として「熊本で1番腰が低い」法律専門家を目指しています。

    ■相続とは
    人は生まれて、必ず死を迎えます。その間に財産(プラスのもの・マイナスのもの)の財産を残します。これを残った家族で、誰が何を引き継ぐのかということが相続です。
    ■遺言とは
    生前に自分が亡くなった後に財産を誰に残すか、自分の考えを示しておくものが遺言です。
    遺言の有無は、その後の相続手続きにも影響があります。
    ■不動産の登記制度とは
    不動産(土地や建物)の権利関係を公に知らせるものとして、登記という制度があります。不動産の概要や所有権、その他の権利(抵当権、賃借権等)の変動を記録・公示することで取引の安全や円滑化を図っています。これを不動産の登記制度といいます。
    ■お手続きには期限があります
    相続の手続きには「いつまでに行う必要があるもの」と決められているものがあり、期限を過ぎてしまうと、手続きができなくなったり、不利益が生じるものがあります。

    お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。
    当事務所、もしくはご指定頂いた場所にて、ご相談をお受けいたします。
    ご相談内容は司法書士法により秘密保持義務が課せられておりますので、第三者に情報漏えいすることはございません。

    • 対応地域
      熊本県
    • 対応業務
      遺言書 / 遺産分割 / 相続財産調査 / 相続登記 / 相続放棄 / 銀行手続き / 戸籍収集 / 相続人調査
    • 対応体制
      訪問可 / 土日相談可 / 初回相談無料 / 18時以降相談可 / 事務所面談可
    事務所の詳細を見る

    行政書士江尻有希事務所

    熊本県に対応可能

    アクセス千丁駅から車で5分

    5

    1

    見積無料

    PR

    • 対応地域
      熊本県全域
    • 対応業務
      遺言書 / 遺産分割 / 相続財産調査 / 成年後見 / 相続手続き / 銀行手続き / 戸籍収集 / 相続人調査
    • 対応体制
      女性スタッフ対応可 / 土日相談可 / 初回相談無料 / 18時以降相談可 / オンライン面談可
    事務所の詳細を見る

    税理士法人 森田事務所 熊本支社

    熊本県に対応可能

    熊本県熊本市中央区手取本町4-7 マルタ號下通ビル3F

    事務所の詳細を見る

    児玉行政書士事務所

    熊本県に対応可能

    熊本県八代市千丁町新牟田380-2

    事務所の詳細を見る

    行政書士力德直事務所

    熊本県に対応可能

    アクセス京塚小峯線(都市バス) 小峯営業所バス停から徒歩3分

    見積無料

    PR

    ご依頼者の身になって誠実に全力で対応致します。

    【対応地域】熊本市、合志市、阿蘇市、宇城市、宇土市、菊池市、菊陽町、大津町、益城町、御船町、西原村、産山村、嘉島町、甲佐町、高森町、南阿蘇村
    【営業時間】平日8:30~17:30 土日祝は事前予約で対応可

    • 対応地域
      熊本市、合志市、阿蘇市、宇城市、宇土市、菊池市、菊陽町、大津町、益城町、御船町、西原村、産山村、嘉島町、甲佐町、高森町、南阿蘇村
    • 対応業務
      遺言書 / 遺産分割 / 相続財産調査 / 成年後見 / 家族信託 / 相続手続き / 銀行手続き / 戸籍収集 / 相続人調査
    • 対応体制
      電話相談可 / 訪問可 / 土日相談可 / 初回相談無料 / 18時以降相談可 / 事務所面談可
    事務所の詳細を見る

    高田・白川司法書士事務所

    熊本県に対応可能

    熊本県宇土市北段原町30

    事務所の詳細を見る

    矢張信行司法書士事務所

    熊本県に対応可能

    熊本県熊本市大江4丁目10-1-106

    事務所の詳細を見る

    加藤晃一司法書士事務所

    熊本県に対応可能

    熊本県八代市田中西町15-15-2F

    事務所の詳細を見る

    田中利幸司法書士事務所

    熊本県に対応可能

    熊本県天草市諏訪町14-35

    事務所の詳細を見る

    森秋光司法書士事務所

    熊本県に対応可能

    熊本県玉名郡南関町大字関町1318

    事務所の詳細を見る

    長尾悦子司法書士事務所

    熊本県に対応可能

    熊本県八代市井上町292-1

    事務所の詳細を見る

    右田行政書士事務所

    熊本県に対応可能

    熊本県球磨郡湯前町1988番地

    事務所の詳細を見る

    大塚正法司法書士・土地家屋調査士事務所

    熊本県に対応可能

    熊本県熊本市大江3丁目4-40-2FA

    事務所の詳細を見る

    大久保吉武司法書士事務所

    熊本県に対応可能

    熊本県阿蘇郡小国町大字宮原1727

    事務所の詳細を見る

    山本健一司法書士事務所

    熊本県に対応可能

    熊本県熊本市大江6丁目20-2

    事務所の詳細を見る

    大坪行政書士事務所

    熊本県に対応可能

    熊本県菊池郡大津町大字大津920番地8

    事務所の詳細を見る

《無料相談受付中》
熊本県の専門家探しを相談員が無料サポート

相続

よくある質問

  • 熊本県で相続の専門家を選ぶ時のポイントは?

    A.

    専門家選びで最も大切なのは、自宅近くに事務所があるかではなく、その士業が相続に関する実績が多くあるかどうかです。

    例えば行政書士といっても対応分野は幅広く、法人設立や許認可申請など法人業務を中心に行っている行政書士に相続手続きの相談をしても、期待した結果は得られないでしょう。

    また税理士であれば、相続は税理士試験の必修科目でないことから資格試験を取る時に選択していない人にとっては専門外となります。

    よって、相続手続きを専門に行っている士業や、相続手続きの実績が多数ある士業を選ぶことが、スムーズで間違いのない相続手続きのために非常に重要になります。

    相続費用見積ガイドでは、相続手続きに強い経験豊富な複数の専門家に、無料で一括見積依頼が可能です。専門家選びでお困りの方は、まずは一括見積依頼からお問合せください。

  • 相続財産調査とは

    A.

    相続財産調査とは、相続が発生した際に、被相続人の残した相続財産がどれくらいあるのかを調べる調査のことです。相続財産を把握できていないと遺産分割の話し合いが進みません。また、相続放棄の期限の3か月が過ぎた後に大きな負債が見つかったり、相続税の申告漏れなどのおそれがありますので、相続財産の調査は早めに着手しましょう。

  • 相続財産調査は誰に頼むのがベスト?

    A.

    相続財産調査は個人でおこなうこともできますが、保有している財産が多岐にわたる場合は、財産の種類や手続きの種類によって専門家を選ぶとよいでしょう。例えば、相続財産の調査から相続税の申告までお願いしたい場合は税理士、相続手続に関する書類作成などをお願いしたい時は行政書士、相続財産に不動産がある場合は司法書士に依頼するのがベストです。

  • 相続財産調査にかかる費用の相場はいくら?

    A.

    専門家に相続財産調査を依頼したときの費用の相場は約15~30万円ほどが目安ですが、どの専門家に頼むのか、また、財産の種類や総額によって金額は大きく変わります。まずは見積りを取ることから始めましょう。

相続財産調査とは

相続財産調査とは被相続人のすべての遺産を調べ、それらを適切に評価・査定することです。現金や有価証券などのプラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産もすべて明らかにします。

相続財産調査をする理由

相続が発生すると遺産をどのように分割するか、もしくは相続財産そのものを手放すか(相続放棄)選択する必要があります。

相続財産調査を正確におこなわないと正しい選択ができず、そのため遺産分割の前に相続財産調査をおこなうことが重要になります。

相続の方法には単純承認限定承認相続放棄の3つがあります。限定承認と相続放棄は相続開始を知った日から3か月以内に手続きをしなければいけないため、早めに相続財産調査をしておきましょう。

相続財産調査の期限

限定承認や相続放棄を選ぶ場合は、原則として相続人になったことを知った日から3か月以内に家庭裁判所に申立てをしなければなりません。

そのため相続財産調査も早めに進めたほうが良いでしょう。

相続財産調査のやり方

相続財産調査のやり方は財産の種別によって異なります。一般的なケースを紹介します。

金融機関の預貯金

利用していた金融機関の特定

預貯金の調査は、まず被相続人がその金融機関を利用したいたか調べる必要があります。通帳やキャッシュカード、被相続人宛の郵便物などから取引があったかを確認します。

ネット銀行など通帳がない場合や、紛失していることもあるため少しでも取引の可能性があれば、調査対象としたほうが良いでしょう。

残高証明書の発行

金融機関の特定ができたら残高証明書の発行を依頼します。発行依頼は銀行の窓口もしくは郵送で可能です。窓口では事前予約が必要の場合もあります。

残高証明書の発行には、被相続人の死亡が確認できる戸籍謄本や相続権利者とわかる戸籍謄本、来店者の実印および印鑑証明書などが必要です。金融機関によっても異なるので、あらかじめ確認してから依頼しましょう。

通帳の記帳

口座の確認ができたら、通帳に記帳しておくと良いでしょう。被相続人が亡くなるまでの取引の履歴がわかるため、財産の調査に役立ちます。履歴のなかに気になる取引がある場合は、内容を確認したほうが良いでしょう。

有価証券

投資信託や株式などの有価証券も相続財産調査をおこないます。

金融機関の特定

預貯金と同様に、有価証券の調査でも金融機関の特定をおこないます。ただし有価証券は通帳がないことが多いので、通帳を頼りに特定するのは難しいと思われます。

もしくは株式会社証券保管振替機構に開示請求をすれば、どの金融機関で被相続人が口座を保有していたかがわかります。なお開示請求には開示手数料がかかるので注意してください。

残高証明書の発行

有価証券も同様に、残高証明書を発行しておくと他の相続手続きで役立ちます。発行手数料がかかるのでご注意ください。

不動産

固定資産税課税明細書を確認

不動産を所有していると、毎年6月頃固定資産税の納付書が届きます。納付書には固定資産税課税明細書が同封されているので、それで確認します。

固定資産評価証明書を取得

不動産を所有していても固定資産税が発生しない場合は、納付書が届きません。そのようなケースでは固定資産評価証明書を取得することで保有物件の確認ができます。固定資産評価証明書は市区町村役場の窓口で請求できます。

自動車

自動車検査証(車検証)や自動車税納税証明書から、保有している自動車を確認します。

貴金属

貴金属は自宅や貸金庫にあるか確認します。貴金属の評価は原則として、売買実例価額、精通者意見価格等から評価することとされています。

そのほか美術品や骨とう品なども相続財産調査の対象となります。

負債

信用情報機関に開示請求

負債については、信用情報機関に開示請求すると加盟社における取引情報がわかります。インターネットもしくは郵送で手続きできるので、信用情報機関のホームページを確認してください。

個人間の貸し借りや保証債務

被相続人が個人的にしていた貸し借りや法人などからの借入などは信用情報機関に登録されないため、確実な調査方法はありません。被相続人が残した書類などをもとに、地道に調べていくことになります。

保証債務についても、正確に調べる必要があります。被相続人が保証人になっていた場合、保証債務も相続の対象となる場合があるためです。

こちらも被相続人が残した資料や連絡先から調べていきます。

相続財産調査に不安があれば専門家に相談

相続財産調査ではすべての財産を把握しなければならず、必要書類の収集などにも時間と手間がかかります。

銀行の手続きは行政書士や司法書士に依頼することが可能です。「相続費用見積ガイド」では戸籍収集から遺産分割協議書の作成など、あらゆる相続手続きに対応できる専門家が揃っています。見積りフォームから費用の一括見積を取ることも可能です。ぜひ、ご利用ください。